でんぐ通信

dengudiary.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 05日

本トね

昨年の暮れ?くらいに発売しててなんだか購入タイミングずれてしまった
やっと読み終えました

「戦争と一人の女」近藤 ようこ
近藤ようこさんの優しい線で表現される坂口安吾の短編小説。
人間はどんな時代も生きて行くんだなぁ〜戦争か、、、。
色々想像し考察意識を持ってしまう作品でした!
f0182903_8465627.jpg
[PR]

by dengu-diary | 2013-09-05 08:46 | 猫背がする漫画の話


<< 本トね〜      きた! >>